髪を食べてみた!

岡崎でヘアダメージ、癖毛に悩む子羊を救うヘアドクター内海です。

突然ですが、皆さん髪を食べたことありますか?

こんばんは!

恐らくこの時間に
自ら髪を食べたのは日本で僕だけだと思います。

オンリーワン

とてもいい響きですね!

そんな事より皆さん気になりますよね?

味が

食べた事ない人が多いと思うので

食レポ

します!

どうだったかと言うと、

噛み応えがあり

硬い感じで

味はグミの味がしました

グミの味⁈

と思われた方もいらっしゃると思います笑

そう、それは直前にグミを食べていたからです笑

実際髪の毛の味は無味です笑

どうして食べる事になったか?

これが一番重要です。

それは、髪が爪と同じ

ケラチンタンパク質でできているからです。

僕には爪を噛む習慣がないので

爪の味は分かりませんが、

ケラチンタンパク質を知る為に

食べてみたわけです。

ケラチンタンパク質ってとっても硬くて

亀の甲羅や

象の牙

は髪と同じケラチンタンパク質でできています。

何が言いたいかと言うと、

髪はとっても強い

という事です!

そんなとっても強い髪を傷める

ドSとドMを僕は許しません!

気になりますよね、

そんな象の牙のように強い髪が痛む理由、

次号をまて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です